FC2ブログ

NT2016年6月号 FSS感想(ネタバレ7

ここでは、NT2016年6月号 FSS感想(ネタバレ7 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにファイブスターの感想を再開。

そいえば先週「ゴティックメード」の再上映イベントが
上野で行われてましたね。
ゲストで原作者の永野護先生が登場との事で、申し込みの倍率が
異常に高かったとの事で、1分くらいで売り切れたそうです。


そこで紹介された、カイゼリンのフィギアと「九谷焼」が素敵。

http://hobby.dengeki.com/event/476769/

1114_fss_01.jpg




表紙の絵は、メヨーヨ朝廷のゴティックメード「ホウライ」
旧ファイブスターだと「アシュラテンプル」かな?
見た目が変わったけど、肩の隠し腕の機能は有るみたいで
お披露目が楽しみですね。


1114_fss_02.jpg




前回に引き続き、ラキシスとツバンツヒは市場で買い物。
難民の子供から親の形見を渡される。


1114_fss_03.jpg

1114_fss_04.jpg

1114_fss_05.jpg




この人形て何処かで見た事あるなぁ。と思ってたら
設定資料集の「F.S.S. DESIGNS 5 LITTER.pict」に
ツバンツヒの恥かしい学生服姿が記載されてた
鞄のアクセサリーと同じ人形ですよね!!


まさか小物にさりげなく複線を貼っていたとは驚き。

1114_fss_06.jpg




ツバンツヒは市民からの、強い思いを受け止める事に
慣れてないようで、大きく動揺しています。

ソープよりも長く生きているはずですが
故郷のシステムカリギュラて、普通の人間としての生活とは
無縁の世界なのかな?


1114_fss_07.jpg

1114_fss_08.jpg




そんなツバンツヒ達の様子を見ていた、謎の女学生(もどき)の2人。
正体はコーラス王朝の「セイレイ」と「マロリー」
13巻には登場してなかったので、数年ぶりの参加なのかな?


1114_fss_09.jpg




2人の関係を見ると、マロリーは面倒見が良い
セイレイの姉貴みたいなポジションなのかな?
面白い関係ですよね。


1114_fss_10.jpg




マロリーのデザインが好きです。

昔、永野先生が関わってた「エルガイム」のヒロイン
「ファンネリア・アム」に何処となく似ているんですよね。
胸も同じぺちゃパイ設定だと思う・・・たぶん。(笑)


1114_fss_11.jpg




場所が変わって、主人公ソープ達が住んでいる空中宮殿の
フロート・テンプル。

いつものごとく、国の王様がまた行方不明になり騒ぎ出す家臣達。
6巻の「ソープ死亡」騒動のような事に成らないと断言するサリオン。


1114_fss_12.jpg




ログナーの問いに、ラキシスが要るから大丈夫と答える。
ラキシスの怖ろしさは、現場で体験したサリオンが知ってますからね。
6巻のエピソードと合わせて考察すると面白いです。


そいえばサリオンとログナーも、13巻には登場してなかったから
久しぶりの参加かな?
何処となく2人とも背が伸びたような気がする。(笑)


1114_fss_13.jpg




アイシャと合流したセイレイとマロリー
ソンケーしてるので自動的に紹介したとの事。


レディース暴走族でも結成しようとしてるのでしょうか。(笑)

1114_fss_14.jpg

1114_fss_15.jpg




そして「ミラージュ騎士団貸してっ!!」と爆弾発言。

1114_fss_16.jpg



場所はツラック隊に戻る。
先程の子供に感化されたのか、頑張るツバンツヒさんが可愛い。
相棒のファティマ・エニーホも初登場に比べると
度民的な雰囲気に成ってるのが笑える。キラキラ光ってるけどね。(笑)


1114_fss_17.jpg

1114_fss_18.jpg




最後に怪しい人が登場。

1114_fss_19.jpg

どう考えても彼でしょうから、今後の展開が楽しみです。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://ahogeroman.blog.fc2.com/tb.php/312-8b30ab43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。