ファイブスター物語

ここでは、ファイブスター物語 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今頃になって
月刊ニュータイプ5月号に載っている
ファイブスター物語の感想を書きたいと思います。


IMG_0575_201607122352465f8.jpg


前回の来訪者はツバンツヒさん。

映画ゴテックメードでも登場した人。
初登場は漫画よりも、映画版が先なのかな?
最初の印象は、只の悪役かな?と思ってたけど
資料を見る感じでは、今後大活躍をしそうで楽しみです。
(・・・てな感じで、この号が発売された頃は妄想してた)



IMG_0555.jpg

最近では見られなくなったツバンツヒさんの
ドヤ顔で紹介された所で、ソープも自己紹介をするが・・・。

レディオス・ソープは、業界では有名人。
自分の噂が広められると都合が悪い。(特に地元のデルタベルンとかとか)



IMG_0556.jpg


いっその事、色々と言いくるめて仲間にしちゃおう!!
と、企むのでした!!



IMG_0557.jpg


しかし入隊する条件として、多額の資金を要求するツバンツヒさん。
それを値切る作戦を提案する、ソープの嫁ラキシス!!


IMG_0558.jpg

IMG_0559.jpg


ツラック隊の妙な空気に戸惑うが、AP騎士団に入隊する事が
決まったツバンツヒさん。
つれのファティマ「オーハイネ」も偽名でついに登場。


IMG_0560.jpg


金髪で可愛いぞぃ!!


IMG_0561.jpg


しかし金髪のファティマは数が少ない事で、ソープ達からは
正体が微妙にバレてる様子。


IMG_0562.jpg


そして突然の伏線回収。凄く懐かしいシーンです。

単行本12巻の頃だから・・・10年ぶりですとぉぉぉ!?

IMG_0563.jpg


ラキシスの機嫌を良くする為、デートの提案をする
ソープの遠い親戚「ちゃあ」

IMG_0564.jpg


ここで「ちゃあ」がデザインしたアリシア・スーツに
着替える最強ファティマのヒュートラン。


IMG_0565.jpg

IMG_0566.jpg


でも、あれあれ?ヒュートランてプラスチックスタイルのままで
戦闘に参加して無かったけ?

ここでも謎の歴史改変が起きている。
これもモナークセイクレッドて奴の仕業なのかな・・・
と色々と妄想してみる。(笑)


IMG_0567.jpg



舞台が変わって現代。
ツバンツヒさんAP騎士として初の出撃。


IMG_0568.jpg


戦う相手は、実は自分が設計したエンジン搭載のGTM。
さらにソープがメンテナンスした、バーガ・ハリの性能に
ツバンツヒは負ける気がしないチートモードと化す!!

GTMのパーソナルマークて良いですね。
ツバンツヒさんのGTMに、蝶みたいなマークが付いてますが
設定資料とかで、色付きで公開して欲しいなぁ。


IMG_0569.jpg

IMG_0570.jpg



戦闘開始!!

IMG_0571.jpg

IMG_0572.jpg


ここまで本格的なGTM戦は初じゃないかな?
13巻の冒頭にも戦闘はあったけど、殆ど撤退戦なので
今回は細かく描写されてて見応えがある。

映画ゴティックメードを観ると解りますが
GTMの「タメとアクション」だけの表現が面白い!!

つまり不必要な動きは一切しない。
何億の計算が出来るファティマがサポートを
している事で、最低限の動きで戦闘をする。

なので従来のロボットアニメで慣れている人が
映画ゴティクメードを観ると、GTMの動きに異様な感じに成る。


IMG_0573.jpg


でも、その後に漫画を見ると、妙に納得すると言うか
その表現で動いてるように見えるから驚きます。


こうして永野先生が表現してる事が、解ったような気がしてしまい

ますますファイブスター物語に、惹き込まれてしまうんです。(笑)



IMG_0574.jpg

そしてラストに謎の人物が登場。いったい誰!?

・・・て最新号で正体バレてるんだけど


変わり過ぎてて解るかーい!!(笑)



スポンサーサイト
凄く久しぶりの更新です!!

FSSも連載が進んで今後の展開が楽しみです!!


前回に引き続き「F.S.S. DESIGNS 5 LITTER.pict」
オフィシャルガイドブックの感想を書きます。

>感想

12ページまでは「超帝國」関連の記事でしたが
残りのページでは主に、各国の制服がイラスト付きで
紹介されています。


まずは「ミノグシア連合」を代表する「AP騎士団」
現在の物語で中心的に登場している「ツラック隊」等が
その1つです。

IMG_0537.jpg


興味深いのはこの国の生い立ち。
かつては列強国に「殖民星」などと扱われていた時代があり
現在も一部の者からは格下に見られているそうです。

それが大国へと成長したのも、詩女の存在が大きい。
詩女とは未来を予知する能力があり、先祖から代々受け継がれ
ある国の王子は予言の言葉を信じ、実行したところ
世界最大の国家へと成長させるまで大きく成ったとかナントカ・・・。

まあ詳しくは「花の詩女 ゴティックメード」を見てくだされ
げへへ・・・と宣伝をしたりする。


>AP騎士団の制服や色々

ナルミさんの制服姿。漫画内ではラフな姿が多いので
レアな格好かもしれませんね。


IMG_0538.jpg


現在大活躍のツバンツヒさんの私服姿。
一応、お忍びな立場なので、余り目立たない
彼女なりに控えめな姿らしいです・・・え?


IMG_0539.jpg


彼氏とデートのついでに整備もこなす世界最強の整備士。

IMG_0540.jpg


元ミラージュの人。初登場の頃はマジンガーZみたいな
姿をしていたのに、すっかり普通のおじさんに成りました。


IMG_0545.jpg


元ミラージュおじさんのパートナ。
今までは変なポーズをとる人という印象でしたが
今回の連載でついに台詞がでました!!良かった!!


IMG_0550.jpg


パート3へ続く
本日は「ファイブスター物語」のオフィシャルガイドブックの感想を書きます。

13巻で設定が大幅に変更されたので、私としては新FSSの世界を知りたく成り
学生以来でしょうか・・・。FSSの設定資料を久しぶりに購入しました!!

IMG_0449.jpg


>感想
内容は過去にFSSの世界で起きたお話が、文面と挿絵で紹介されてます。

「超帝國ユニオ」という大きな国が全世界を支配していて
余りにも高度に発達した影響により、人類の進化が限界に達し滅びの道に辿った。

私の厨二心を沸きたてる設定でワクワクします!!
特にユニオ3「炎の女皇帝ナイン」が誕生した経緯は興味深い。

IMG_0450.jpg


ナインが作った、究極の生命体「総帝と騎士」の事や
その時代のゴティックメード。
当時の設定で考えると「マシンメサイア」に成るんですかね?

現在の兵器はマシンメサイアの劣化版で
モータヘッドと言う名称でしたが、新設定では
全てゴティックメードに統一したのかな?

IMG_0451.jpg



後は「総帝と騎士」の設定ですね。「超帝國ユニオ」の騎士は
一人だけでも実力はFSSで最強と言われた「ダグラス・カイエン」と
同じ実力とか何とか・・・うーむ混沌だ。(笑)

さらに「総帝」は上位の実力者のようで、現在のFSSの世界に
出したら凄い事になりそう・・・。

因みに今回の物語の悪役「ボスヤスフォート」は「総帝」の一人だと
名乗っているそうです。だからカイエンを殺せたのかな?



他には1巻から登場している「ファルク・バビロン・ログナー」の設定かな。

「モナーク・セイクレッド」と言うシステムが送り込んだ戦士で
本来の目的は異界の者を討伐する事。
実力は未知数で、少なくても超帝國に匹敵する程の実力者だとか・・・。

IMG_0452.jpg



て言うか「モナーク・セイクレッド」て何よ!?

・初登場は13巻。
・モナーク・セイクレッドは人類の歴史を記録しているシステム。
・ファティマ「タイ・フォン」がシステムを管理。


世界を「リブート」をする為に、タイ・フォンは、ナインをマスターに選び
ゴテックメード「ファイブ・スター・ストーリーズ」で旅立つのであったぁ!!

だそうです!!うむ!!解らんけどこれはアレダ!!

13巻をキッカケに世界をリブート!!ぶっ壊しました!!て事ですよね!?



パート2へ続く
月刊ニュータイプ4月号を購入しました。

ファイブスター物語を読む為だけに、購入しちゃってます。
コミックが発売されるのを待つなんて、もう無理。(笑)

IMG_0422.jpg


4月号では作者「永野護」先生のQ&Aが記載。
色々と興味深い内容が書かれていました。

(1)コーラス城没落とコーラス王子&王女の脱出劇。
⇒ミラージュ騎士団の襲撃をどのように回避するのか気になりますね。
まあ、数年後の連載だと思いますが・・・長生きせねば!!

(2)ログナーの駆る「破烈の人形」のコーラス城攻撃。
⇒これは怖い。何人生き残れるのかなぁ・・・ガクガク。

(3)ヨーンバインツェルVSアランリーとブラスト。
⇒これは近いうち見れるかな?大人に成ったヨーンの戦闘が楽しみ。



>NT2016年4月号 FSS感想

冒頭はGTMバーガー・ハリの洗浄から始まる。
細かい描写です。永野先生って整備ネタとか好きだよね。

IMG_0423.jpg

IMG_0424.jpg




そしてソープ達に配給されてる食事。質素だけど美味そう。
そしてラキシスよ・・・。本当にヒロインですかアンタ。(笑)


IMG_0425.jpg

IMG_0426.jpg



何やらこのままだと物資が底を付くと深刻な状態。
ソープは現状をマスコミに公開する事を提案する。

IMG_0427.jpg


エロい表情が最高です!!


IMG_0428.jpg



覚悟を決めるツラック隊の隊長ナルミ。

IMG_0429.jpg


本国のハスハントでは、マスコミに公開したツラック隊について大騒ぎ。

そして、さりげなくマスコミの映像に映っているラキシス。(笑)

IMG_0430.jpg


舞台は変わって、ハスハント南部シーゾス戦線。
表紙に記載してたGTMバーガ・ハリ・BSコブラが登場。
旧設定のヤーボが乗ってたAトール・コブラかな?
オデコの目玉が何となく似てる気がする。

IMG_0433.jpg

IMG_0434.jpg


ソープ・・・じゃなくて、アマテラス陛下から休暇を貰ったランド隊長が登場。
新人の面倒を見ているようだが、実はこの2人は過去に登場した事がある。
当時はパンプス嫌いな娘だったのに、すっかり美形キャラへと成長しました。

IMG_0435.jpg

(何処で登場していたのか探してみるのも面白いかも)

IMG_0440.jpg


そして貴重なティスホーンのお馬鹿シーン。

IMG_0436.jpg


ランドを他国に渡したのにお咎めが無い事に疑問。実は陛下がまた何処かで
悪巧みを遂行中なのではと推測します。

さすがバランシェファティマ。陛下の性格を解ってるね。

IMG_0437.jpg


そして場所は元のベラ国。ナルミお姉さん再び登場。
今までの戦争で、多くの仲間や自身のファティマを失った事を語る。
ソープだからか、つい話したく成ったのかな。

IMG_0438.jpg



最後に来客が登場。この変な音を出すお方は、システムカリギュアの

あの人ですね!!

IMG_0439.jpg


次回はいよいよ話が動き出すのでしょうか

来月号が楽しみです!!
3月11日にTOHO新宿にて、花の詩女 ゴティックメード

リバイバル上映されました!!
しかも400人以上が座る事ができ、TCXと呼ばれる最高級の環境で
見れました!!

IMG_0398.jpg


どんな人達が見にくるのかな。俺と同じくらいの世代ばかりかな?
とか思いましたが、若い人もいれば、私よりはるかに高齢の方がいてビックリ。

ファティマの格好をした人もいて、不思議な雰囲気の劇場になりました。(笑)


もう3年ぶりですかね。連載も始まった事ですし
とても見たく成ったタイミングで、再上映が決まったので
とても嬉しいです。

この作品は現在も、ブルーレイ&DVD化されてないので
劇場で見る以外の方法がない、レアな作品でもあります。

https://www.youtube.com/watch?v=QU5pMBLfobk

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14882232


>感想

この作品はラストで、ファイブスター物語だと結末を迎えるのですが
FSS13巻と、現在連載中の内容を見てから、この映画をみると
初見の時とは違う印象を感じます。

映画で主人公が乗る、GTMカイゼリンが後に連載で大活躍をする点。
騎士「トリハロン」と、花の詩女「ベリン」の子孫が
現在連載中のFSSに関わっている点。

映画に登場した敵組織「システムカリギュラ」が
今回の戦争でも裏で関わっている点。


さらにシステムカリギュラに「ツバンツヒ」と言う謎の女性が
いるのですが、映画の時代から3000年くらい経っているのに
見た目が全然変わっていない。

IMG_0415.jpg


そんな彼女が、後に主人公に言いくるめられて仲間に成ったり。
3000年以上生きてるのに、女子高生にされたり。
とかとか、色々とネタバレ・・・じゃなくて噂が広まっております。

IMG_0418.jpg



声は三石琴乃さんなので、とても可愛いらしいキャラです。
漫画で彼女の周りから出る変な音も、映画でちゃんと聞けるのも
面白さの一つですね。(笑)


他にも物語の伏線があると思うのですが、私が解るのはこれだけ。
今後の連載がとても楽しみです。

IMG_0416.jpg




まだゴティックメードを見るチャンスがあるので
興味のある方は以下のサイトを参考に。
https://www.dreampass.jp/m342768#




>音楽

この作品は音楽がとても素晴らしい。とくに私がオススメしたいのは
主役機「GTMカイゼリン」が起動する時のBGM。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm25617149


カイゼリンが起動する時、ボディの装甲がカラフルに変化。
永野先生が表現したいメカの描写に、とても合っている音楽だと思います。

そしてこの作品の主題歌。「空の皇子 花の詩女」歌:川村万梨阿

https://www.youtube.com/watch?v=4JaGnP20WSw

物語の結末後に「実はファイブスター物語なんですー!!」

と言うオチと共に流れる歌で、とても印象深い。

なんてったて、主役クラスのファティマである、あの「エスト」が
じゃじゃーんとラストに登場して、うちら観客に向かって手を振るんですよ!?
3年前に見たときは、そのオチで劇場の観客は大笑い。


「やっちまったなー先生www」「やっぱりファイブスターだったかーwww」

て雰囲気でした。(笑)

全ては大円団。あのラストは笑いあり、涙ありのオチでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。