私のイラストや『秋葉原での買い物』などを紹介します。
アホ毛浪漫館について
ようこそ、我が『アホ毛浪漫館』にお越し下さいました。
この館は私の摩訶不思議なイラストや秋葉原での買い物などを
紹介しています。皆様に楽しんで頂ければ幸いです。

2011/05/23/移転開始
2011/06/09/ブログ開館

□■当サイトのイラストや画像の無断使用は禁止です。お願いします。■□
□■御用の方は『掲示板』か『コメント欄』にて記入をお願いします。□■
□■仕事の関係上、返事が遅れる場合があります。御免なさい。□■
久しぶりにファイブスターの感想を再開。

そいえば先週「ゴティックメード」の再上映イベントが
上野で行われてましたね。
ゲストで原作者の永野護先生が登場との事で、申し込みの倍率が
異常に高かったとの事で、1分くらいで売り切れたそうです。


そこで紹介された、カイゼリンのフィギアと「九谷焼」が素敵。

http://hobby.dengeki.com/event/476769/

1114_fss_01.jpg




表紙の絵は、メヨーヨ朝廷のゴティックメード「ホウライ」
旧ファイブスターだと「アシュラテンプル」かな?
見た目が変わったけど、肩の隠し腕の機能は有るみたいで
お披露目が楽しみですね。


1114_fss_02.jpg




前回に引き続き、ラキシスとツバンツヒは市場で買い物。
難民の子供から親の形見を渡される。


1114_fss_03.jpg

1114_fss_04.jpg

1114_fss_05.jpg




この人形て何処かで見た事あるなぁ。と思ってたら
設定資料集の「F.S.S. DESIGNS 5 LITTER.pict」に
ツバンツヒの恥かしい学生服姿が記載されてた
鞄のアクセサリーと同じ人形ですよね!!


まさか小物にさりげなく複線を貼っていたとは驚き。

1114_fss_06.jpg




ツバンツヒは市民からの、強い思いを受け止める事に
慣れてないようで、大きく動揺しています。

ソープよりも長く生きているはずですが
故郷のシステムカリギュラて、普通の人間としての生活とは
無縁の世界なのかな?


1114_fss_07.jpg

1114_fss_08.jpg




そんなツバンツヒ達の様子を見ていた、謎の女学生(もどき)の2人。
正体はコーラス王朝の「セイレイ」と「マロリー」
13巻には登場してなかったので、数年ぶりの参加なのかな?


1114_fss_09.jpg




2人の関係を見ると、マロリーは面倒見が良い
セイレイの姉貴みたいなポジションなのかな?
面白い関係ですよね。


1114_fss_10.jpg




マロリーのデザインが好きです。

昔、永野先生が関わってた「エルガイム」のヒロイン
「ファンネリア・アム」に何処となく似ているんですよね。
胸も同じぺちゃパイ設定だと思う・・・たぶん。(笑)


1114_fss_11.jpg




場所が変わって、主人公ソープ達が住んでいる空中宮殿の
フロート・テンプル。

いつものごとく、国の王様がまた行方不明になり騒ぎ出す家臣達。
6巻の「ソープ死亡」騒動のような事に成らないと断言するサリオン。


1114_fss_12.jpg




ログナーの問いに、ラキシスが要るから大丈夫と答える。
ラキシスの怖ろしさは、現場で体験したサリオンが知ってますからね。
6巻のエピソードと合わせて考察すると面白いです。


そいえばサリオンとログナーも、13巻には登場してなかったから
久しぶりの参加かな?
何処となく2人とも背が伸びたような気がする。(笑)


1114_fss_13.jpg




アイシャと合流したセイレイとマロリー
ソンケーしてるので自動的に紹介したとの事。


レディース暴走族でも結成しようとしてるのでしょうか。(笑)

1114_fss_14.jpg

1114_fss_15.jpg




そして「ミラージュ騎士団貸してっ!!」と爆弾発言。

1114_fss_16.jpg



場所はツラック隊に戻る。
先程の子供に感化されたのか、頑張るツバンツヒさんが可愛い。
相棒のファティマ・エニーホも初登場に比べると
度民的な雰囲気に成ってるのが笑える。キラキラ光ってるけどね。(笑)


1114_fss_17.jpg

1114_fss_18.jpg




最後に怪しい人が登場。

1114_fss_19.jpg

どう考えても彼でしょうから、今後の展開が楽しみです。
スポンサーサイト
>ダッフィー色々
残りのダッフィー写真をアップ。
少し調べたのですが、ダッフィーて日本産のキャラクターだそうですね。
日本でディズニーキャラクターを作って良いとは驚き。


DaEnd_01.jpg

DaEnd_02.jpg

DaEnd_03.jpg

DaEnd_04.jpg

ダッフィーグッズを見に付けてる人も多いし、人気は有りそうです。
海外でも認知されてるのかな?





>スーベニアメダル
メダリオンという器械にコインを投入すると、円形の銅板を押しつぶして
模様を刻印したものが作成されます。

1コイン100円なので値段も手頃。テレビで紹介されてたのを見て
とても気になってたので購入しました。


もちろんダッフィー関連のメダルを購入。
店によって種類も違うらしいですね。


DaEnd_05.jpg

さらにメダルを入れるケースも販売されてるそうで
ダッフィー柄のケースとかあるのかなぁ。色々と情報不足で後悔。(涙)





結局、全ては回れませんでした。
体力も限界だったのでパレードは諦めました。


しかし、とても素晴らしい一日を過ごさせて貰いました。
一人ディズニーはあり得るのだろうか?
と思いましたが余裕で楽しめますね。
さらにお金さえあれば、もっと優雅にできるかな。(笑)


Arabia.jpg

IMG_1197.jpg

IMG_1196.jpg

IMG_1191.jpg

IMG_1190.jpg

IMG_1113.jpg





ありがとうディズニーシー!!

End.jpg




そして帰りに秋葉原に行くのであった。(笑)

Akiba.jpg
>海底2万マイル
SF好きな私としては、とても楽しみにしていたのですが
何故か公演中止と成っていました。
しかし午後に成ってから営業開始したので、何とかアトラクションに参加。


2man01.jpg

2man02.jpg

2man03.jpg

2man04.jpg

会場内のあちこちに付属されてるオプションには男心をくすぐられますね。
潜水艇の操縦席も面白い。メータが付いていて潜水すると反応して動く。
サーチライトをレバーで操作出来るのは、何だか楽しい。(笑)





>ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
ディズニシーは広く高低差もあるので、歩き続けるとかなり疲れます。
そんな時に便利なのが乗り物。しかも歩くより早い!!

まずはレトロな電車。


Densya_01.jpg

Densya_02.jpg

Densya_03.jpg

だけど待ち時間で20分掛かる罠!!(笑)




>ディズニーシー・トランジットスチーマーライン
続いてはレトロな船。
こちらは待ち時間が30分くらい掛かったかな。(笑)

Fune_01.jpg

Fune_03.jpg

Fune_04.jpg

Fune_05.jpg

Fune_06.jpg


*パート4へ続く
>マイ・フレンド・ダッフィー/ケープコッド・クックオフ
ショーを見ながら昼食をしたかったので、マイ・フレンド・ダッフィーに行きました。
ダッフィーとは、ミッキーマウスのお気に入りの、熊のぬいぐるみで
不思議な魔法で今の形になったらしい。


DaOp_02.jpg

DaOp_03.jpg




そして私は失敗しました!!

それは、余りにも腹が減ってて夢中でハンバーガを食ってしまった為に
食べ物の写真をとり損なってしまいました!!(笑)

以下の「ファーストプライズセット」て奴です。値段的には安い方じゃないかな?

http://info.tokyodisneyresort.jp/menu/restaurant/90285cada023865b518ccf29ad1e558b.html

そして気になっていた「マイ・フレンド・ダッフィー」
私は運が良く前席の方に座れました。一人だったからか空いてる席にうまく
入れたみたいですね。

劇の内容はダッフィーの恋人?「シェリーメイ」の誕生の話と
ダッフィーのお友だち「ジェラトーニ」との出会いの話。

写真で見て解るとおり可愛いです。あざといです。(笑)
絵描きのジェラトーニとは、同じクリエイターとして妙な共感を感じる・・・。


DaDena_01.jpg

DaDena_02.jpg

DaDena_03.jpg

DaDena_04.jpg

DaDena_05.jpg

DaDena_06.jpg




食後、船に乗って次の会場に移動しようかと思ってたのですが
船の乗り場近くで「ダッフィー写真会」があるとの事で並びました。
60分くらい待つ。と言われたのですが、折角の写真撮影だし
これも何かの縁と感じ待機。

因みに私はダッフィーのみを撮りたかったので、私と一緒に撮るのは
頑なにお断りをした。


「私はダッフィーのみを撮りたいんじゃぁぁぁー!!」

ダッフィーが一人でポーズをしてるのは珍しいのか
お客さん達が「キャアー!!ダッフィー!!」
写真を取りまくり。ダッフィーがそれに反応して様々な方向へ
ポーズしてるのは正直萌えた。(笑)


DaSyasin.jpg




撮影終了後に抱きつかれたのだが、これはお約束なのだろうか。
正直ビビッてしまった。まだまだディズニーワールドに慣れないが
ダッフィーのモフモフした感触はクセになりそうだ。

そして何だかんだで、ダッフィーにハマってしまい関連のお菓子を購入。
人はこうして策略にハマルと言う訳か・・・。



おそるべし株式会社オリエンタルランド!!



DaOkasi_01.jpg

DaOkasi_02.jpg

DaOkasi_03.jpg






https://www.youtube.com/watch?time_continue=23&v=6M4lvJ39pi8

この写真撮影て「キャラクターグリーティング」てシステムらしいですね。
他のキャラとも写真が取れるのかな?
シェリーメイとかジェラトーニも撮りたかったなぁ。



*パート3へ続く
久しぶりの更新です。

突然ですが、7日の火曜日に「東京ディズニーシー」に
行ってきました。


会社の飲み会でチケットを当てたのですが、特に一緒に行く相手もいないので
売ってしまおうかと思ったのですが、何かの縁を感じ一人で楽しもうと決意いたしました。



>ディズニーリゾートラインからディズニーシーへ
午前7:11分に「舞浜駅」へ到着。駅内ではミッキーのクリスマスツリーが展示。
もうそんな季節なのね。

OP_01.jpg


舞浜駅からディズニーシーまで歩くと、20分くらい掛かるそうなので
「ディズニーリゾートライン」に乗ることにした。
なかなか可愛いデザインの電車で、窓の形がミッキーマウスに成っている。

さらに私が乗ったのは期間限定版だったらしく、通常と違うらしいのだが
私としては失敗。
窓一面にシールが貼られていて、外の景色がまったく見えないからだ。(涙)

OP_02.jpg

OP_03.jpg

OP_04.jpg

OP_05.jpg

OP_06.jpg

OP_08.jpg

OP_07.jpg




会場は午前8:30にオープン。平日にも関わらずお客の数が凄い。


OP_09.jpg

OP_10.jpg







>タワー・オブ・テラー
まずはインターネットで評判が高い「タワー・オブ・テラー」に行く。
とても怖いと聞いたので、お化け屋敷みたいな物と予想したのだが違かった。
狭い部屋に数人程シートベルト付きのシートに座った。

え!?そいうアトラクションなの?と思った瞬間にスタート。
重力が上へと上昇。綺麗な景色がみえました。
落下へと同時に、学生さん達がキャー!!キャー!!
と判り易い反応をしてくれたので、私もつられて叫んでしまった。(笑)

事前情報なしで行って良かった。でも心臓が悪い人は気をつけてね。


Te_01.jpg

Te_02.jpg

Te_03.jpg






>インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
2番目は有名なインディ・ジョーンズに挑戦。午前中にも関わらず40分待ちと表示。
しかし一人の私には有効な裏技「シングルライナー」を利用!!
5分程で利用する事が出来ました。調べてて良かったとても便利です!!

作品は見た事がないので、どの辺りが再現されてるのか解らないけど
ハリソンフォードの人形はリアルだった。
最後に岩が転がってくるんだけど、その時に写真を撮られてるようで
知ってる人は変なポーズをしてました。(笑)


Inde_01.jpg

Inde_02.jpg

Inde_03.jpg




>センター・オブ・ジ・アース
続いてミステリアスアイランドと言う、火山のアトラクションに挑戦。
こちらも40分待ちと表示されてましたが、事前にファーストパスという
予約チケットを入手。こちらも5分くらいで利用する事が出来ました。

軽めのジェットコースターて感じで、最後あたりで乗り物が急降下。
スリルがあって楽しかったです。


Sent_01.jpg

Sent_02.jpg

Sent_03.jpg



*パート2へ続く